部分矯正『インビザラインGO』では治療不可能なケース マウスピース全体矯正『インビザライン』出っ歯症例

当院にお越しになる患者さまに一定の割合でいらっしゃるのが


「矯正したいのは上前歯(下前歯)だけだから

 部分矯正のプランである『インビザラインGO』

 で安く短く行いたい」


というご希望です。

可能な場合はご希望通りご案内できますが

残念ながら不可の場合もあります。


簡単に理由を記載すると

①『GOでは直せない奥歯やかみ合わせを直さないと、前歯も直らないから』

②『作製できるマウスピースの枚数が足りないから(GOは最大20枚まで)』

ということとなります。


代表的なケースを提示します。

⇩前歯を真横から見た写真

上顎前突(出っ歯)です

「奥歯のかみ合わせは気にならないけど、前歯を引っ込めたい」

という患者さまは多いですね。

その場合、GOで行いたいというお気持ちはよくわかります。

⇩このような方の奥歯は一体どうなっているのかというと

専門知識ですが、アングルの分類で2級1類という状態です。

 ※上下の前から3番目6番目の歯同士が1対1でかみ合う関係

  1級(正常)では上3は下3と4の間、上6は下6より少し後ろに位置します

  (2級は1級よりも下あごがより後ろに位置している)

要は2級のかみ合わせだから、前歯が前方に位置している

とも言えるのです。

 (2級2類という違う前歯の位置になることもありますが省きます)


このような場合の治療方法は1⃣2⃣の2通り


1⃣ 2級のかみ合わせを1級に直して前歯を後ろに送る

 = インビザラインGOでは動かせない範囲の奥歯が含まれる(上記理由①)


2⃣ 2級はそのままで、4番目の歯(平均幅7mm程度)を抜歯してできた後ろのスペースに前歯を送る

 = インビザラインGOでは動かす距離が大きすぎて枚数が足りない(上記理由②)

   (最大でも、単純計算で 1枚0.25mm × 20枚 = 5mm しか動かせない

    → 4のスペースが埋まらない + 前歯が下がりきれない )


ということでインビザラインGOでは、治療が不可能だということになります。


この患者さまは治療方法1⃣を選択いたしました(いわゆる非抜歯矯正です)


⇩治療後

アングルの分類でしっかり1級(正常)のかみ合わせができました。

(1級では上3は下3と4の間、上6は下6より少し後ろに位置します)

それに伴い、もちろん前歯もしっかりと後ろに下げられています。


部分矯正インビザラインGOという方法は限られた場合にのみ使える方法です。

今回のように利用できない場合もあるため、

次の選択肢としてインビザライン(全体矯正)も視野に入れておいたほうが良い場合が多いといえるでしょう。


インビザライン コンプリヘンシブ 

保険外診療 935,000円(税込)

治療期間 約1年10か月


調布柴崎歯科クリニック 症例集

調布柴崎歯科クリニックの症例集です。ほとんどが開設(2016.12)してからのものですので、まだ数が少ないですが、患者様の参考となるべく、今後も更新していきます。ご質問の際はお気軽にお声掛けください。