抜歯診断部への親知らずの移植(自家歯牙移植)

奥歯で、抜歯を避けられない状態の場合、

患者さまご自身がお持ちの親知らずを移植できる場合があります。


通常抜歯を行うと、

ブリッジ・入れ歯・インプラントから選択する、

というのがよくあるパターンですが、

条件が合う親知らずがある場合は、自家歯牙移植も選択できることがあります。


↓ 歯が割れて、歯の根の下の骨に大きく感染している状態

↓ 抜歯と同時に親知らずを移植した直後(強くぐらつくため固定しています)

↓ 術後2週間~1か月程度で根管治療(この時点ではまだ少しぐらついています)

↓ 術後2~3か月で、おおよそ定着します(わずかにぐらつく程度)

時間の経過とともに、

移植した親知らずの根の周りの骨が成熟しているのがわかります。

予後が読みにくいのが欠点ではありますが、

万が一ダメになっても、そこから上の3つの選択をできるので、

時間を延ばすという点だけでも、とても良い方法と思われます。

行うには精査が必要ですので、ご相談ください。


調布柴崎歯科クリニック 症例集

調布柴崎歯科クリニックの症例集です。ほとんどが開設(2016.12)してからのものですので、まだ数が少ないですが、患者様の参考となるべく、今後も更新していきます。ご質問の際はお気軽にお声掛けください。