歯周再生療法 2年経過予後

約2年前に歯周再生療法を行ったケースです。

左下前歯に以下のような、深い骨の欠損があり、

出血と排膿をしていました。

精査の結果、生活歯(神経が生きている状態)で歯周ポケットは約9ミリありました。

まず、歯周基本治療(歯石取りと清掃の徹底)を行いました。

⇩歯周再生療法(エムドゲイン+人工骨BIO-OSSの併用)して、約2年経過

根の先の付近はほぼ完全治癒

根の中間あたりは、まだ人工骨BIO-OSSが残っているようです。

歯周ポケットは約4ミリまで回復しました。

患者さまは術後もメインテナンスを徹底されており、出血・排膿もほとんどありません。

人工骨BIO-OSSは吸収が非常に遅いため、

今後も少しずつ吸収されながら、天然の骨に置き換わっていくことが期待されます。

歯周再生療法(エムドゲイン+人工骨BIO-OSSの併用) 

保険外診療 ¥130,000(税別)

調布柴崎歯科クリニック 症例集

調布柴崎歯科クリニックの症例集です。ほとんどが開設(2016.12)してからのものですので、まだ数が少ないですが、患者様の参考となるべく、今後も更新していきます。ご質問の際はお気軽にお声掛けください。