マウスピース部分矯正『iGO(インビザラインGO)』症例


上顎前突(出っ歯)と空隙歯列(すきっぱ)の患者さまです。

前歯が出ていることで口唇が閉じにくく、口呼吸の傾向がありました。

インビザライン矯正と同時にMFT(筋機能療法)により舌癖の改善を行いました。

癖の改善と歯並びをきれいにすることで、お口が閉じやすくなり、口呼吸が改善しています。

矯正治療は、審美回復の他に、かみ合わせやお口周りの機能的な回復ができるという大きなメリットがあります。


治療期間 約6か月

保険外診療 インビザラインGO(旧iGO) 35万円(税抜)

調布柴崎歯科クリニック 症例集

調布柴崎歯科クリニックの症例集です。ほとんどが開設(2016.12)してからのものですので、まだ数が少ないですが、患者様の参考となるべく、今後も更新していきます。ご質問の際はお気軽にお声掛けください。