小児第1期矯正(咬合誘導) 出っ歯症例 途中経過

初診時 乳歯→永久歯にはえ代わりの最中

上の歯が前に出て、下の歯が後ろに入り込む『過蓋咬合』の状態(出っ歯)

また、下前歯には歯並びがガタガタと乱れています。

プレオルソという装置を毎日使用してもらい、約1年くらいかけて

・歯列拡大(歯が並ぶスペースを確保する)

・下顎の前方への誘導(上下のあごの位置を調整)

・舌の正しい位置(スポット)を覚えてもらう

・口唇を鍛える


ということをすべて同時に行いました。

お子さまの矯正治療で大事なことは

単に歯を並べることではなく、

正しい成長と正しい筋肉バランスと正しい習慣

を難しくなく、楽しみながら身につけてもらい、飽きずに継続することです。

そうすると、自然と歯並びがよくなり、かみ合わせも安定します。

また、それが持続するので、後戻りしにくくなります。


まだ永久歯は生えそろっていないですが、

出っ歯ではなくなり、下前歯のガタガタはほとんど改善しました。

この間、装置はプレオルソ以外は一切使用していません。

今後も、経過を追い続ける予定です。

プレオルソ 

保険外診療(1年間で5万円)

調布柴崎歯科クリニック 症例集

調布柴崎歯科クリニックの症例集です。ほとんどが開設(2016.12)してからのものですので、まだ数が少ないですが、患者様の参考となるべく、今後も更新していきます。ご質問の際はお気軽にお声掛けください。