マウスピース全体矯正『インビザライン』叢生症例

叢生(前歯のデコボコ)と上下額前突(口元の突出)で

口唇が閉じにくく、口呼吸であることを主訴にお越しになった患者さまです。

叢生(前歯のデコボコ)があると、磨き残しが増えます。(ブラッシングが難しいため)

また、口呼吸もプラーク(歯垢)が蓄積する原因となります。

それらを改善することは、お口の中を綺麗に保ちやすくなることになるため、

口臭や虫歯・歯周病の予防などにもつながります。


お顔の写真は載せませんが明らかに口唇の力が弱く、

口唇を閉じにくい要因となっていたため、

マウスピース矯正と同時進行で

MFT(口腔筋機能療法)も行い、口唇を鍛えるトレーニングも行いました。

患者さまもしっかり取り組まれていました。


⇩矯正治療後の写真です

矯正治療なので、歯が並んでいるのは当然のことですが、

叢生改善とともにMFTも行ったため、

現在ではスムーズに口唇閉鎖も行えています。

明らかにお口の環境も改善し、維持されています。


マウスピース全体矯正(インビザライン)

保険外診療 85万円(税抜) 

治療期間 約1年10か月

調布柴崎歯科クリニック 症例集

調布柴崎歯科クリニックの症例集です。ほとんどが開設(2016.12)してからのものですので、まだ数が少ないですが、患者様の参考となるべく、今後も更新していきます。ご質問の際はお気軽にお声掛けください。